小じわに関するコラム

日焼けが小じわの原因に?日焼け止めでもダメな場合は?

更新日:

日焼けをしたあと自分の顔を鏡で見てみると、なんだかお肌がボロボロ…
それに、小じわも増えているような気がする…!

日焼けって、小じわの原因にもなるの??

そんな疑問を持った経験、ありませんか?

日焼けがしみの原因になることはご存知の方も多いですが、実は日焼けは小じわの原因にもなるのです

この記事では、なぜ日焼けが小じわを作り出してしまうのか、日焼け止めを塗ってもダメな時はどうすればいいのかを元美容皮膚科看護師の私がご説明いたします。

日焼けが小じわの原因になる?

 日焼けによる光老化は小じわを作る

日焼けをするということはつまり、「紫外線」を浴びてしまったということになります。

紫外線の影響で肌が老化していくことを「光老化」と言いますが、光老化には、しみの発生・たるみの進行とともに、小じわや太いしわができることも含まれます。

老化した肌は、肌の生まれ変わりのサイクルであるターンオーバーが滞るため、肌の抱える水分量が減少していきます。

その結果、乾燥を引き起こし肌表面の小じわを容易に作り出してしまうのです。

 

 

紫外線の種類

紫外線には3種類ある

紫外線には、波長の長さによってA波、B波、C波の3種類に分けられます。

A波は紫外線全体の95パーセントを占め、日焼けのあとすぐ肌を黒くします。

一方B波は、紫外線全体の5パーセントを占めるもので、日焼けのあと肌を赤くし、その後黒くするという2段階の日焼けを引き起こします。

C波に至っては、エネルギーが最も強いものにはなりますが、地球を取り巻くオゾン層で吸収されるものなので人体に影響はないとされているものです。

 

日焼けがつくる小じわは紫外線A波のしわざ

紫外線にはA波、B波、C波の3種類あるとご説明しましたが、小じわの原因となるのは主に波長の長いA波のしわざです。

A波は波長が長く、人の肌に当たると皮膚の深い部分にある真皮層に到達します。
真皮層には肌の弾力をつかさどるコラーゲンやエラスチンが存在しますが、A波が当たることによってこれらが破壊されてしまいます。

コラーゲンやエラスチンが破壊された肌はハリや弾力を失いますので、肌表面の小じわもあらわになってきます。

 

 

日焼けで小じわを増やさない対策は?

日焼け後すぐに冷却する

日焼けをした肌は赤くなり、ヒリヒリしますよね。

これは、肌がやけどのような炎症を引き起こしている状態なのです。

日焼けした肌を放置して炎症が長期化すると、肌ダメージを長い間与え続けることになり、コラーゲン・エラスチンの破壊、乾燥による肌老化を加速させます。

これを食い止めるには炎症を早期に鎮めることが重要ですので、まずは濡らしたタオルやアイスパックなどで日焼けした部分の冷却を行いましょう。

 

日焼けした部分をたっぷり保湿する

日焼けした部分を冷却して炎症を鎮めた後は、たっぷりの化粧水で保湿を行います。

特に保湿成分がたっぷり含まれた鎮静系化粧品を使用するのが良いでしょう。

そのあと、クリームなどの油分で肌表面に蓋をすることで、水分の蒸発を防ぎます。

 

そもそも日焼けをしないように日焼け止めを塗る

日焼けによる小じわを作らない一番の方法は「日焼けをしないこと」
この一言に尽きます。

日焼けをしないためには日焼け止めを塗る方法が一般的ですが、こまめに塗り直す必要があったりベタベタ感が苦手で適正量を塗布できていないなど、有効に使えていない場合があります。

また敏感肌の方は日焼け止めに含まれる紫外線吸収剤の成分が強すぎて肌に合わず、使用できない方もいます。

日焼け止めがダメな場合について、以下にご説明しますね。

 

 

日焼け止めを塗ってもダメな場合は?

UV加工されたサングラスをかける

小じわの出来やすい目元を、UV加工されたサングラスで守る方法があります。

顔にぴったり合うものを着用することで、紫外線から目元を物理的にガードします。

また人の脳は「まぶしい」と感じると身体にメラニン色素をつくるよう指令を出しますが、遮光性の優れたサングラスをかけることによってメラニン色素の産生が減少するため、しみ予防にもなり一石二鳥です。

 

日傘の使用・帽子を着用する

紫外線をブロックする方法として、日傘の使用、帽子の着用も有効です。

UVカット加工のされているものを選ぶとさらに紫外線を防ぐ効果が期待できます。

これらの小物類は白やパステルカラーなどの薄い色よりも黒や紺など色の濃いものの方が紫外線を通しにくいとされていますので、選ぶ際には濃い目の色を選ぶと良いでしょう。

 

抗酸化物質を多く含む食材を摂取する

実は私たちが何気なく食べている食材にも、紫外線から肌を守ってくれる働きを持つものがあります。

紫外線を浴びると体の細胞をサビさせる物質である活性酸素が発生し、しみ・しわといった体の老化減少を引き起こします。

この活性酸素を減らしてくれるのが、食材に含まれる「抗酸化物質」です。

抗酸化物質が多く含まれるのは、

メモ

人参・かぼちゃ・トマト・ほうれん草などのビタミンA(βカロテン)

ジャガイモ、赤ピーマン、レモン、いちごなどのビタミンC

青魚・うなぎ・ナッツ・植物油などのビタミンE

赤ワイン・緑茶・黒ごま・そばなどのポリフェノール

が挙げられますので、普段の食生活に積極的に取り入れましょう。

 

小じわ対策には日焼けしない、日焼けをしたら適切なケアを

小じわを作らないためには日焼けをしないことが大切ですが、生活をする上で、紫外線を100パーセント防ぐことはなかなか困難です。

日焼けをしないよう紫外線対策に努めることはもちろんですが、万が一日焼けをしてしまったら、よく冷やしてからたっぷりの保湿をすることで小じわの出現を最小限にすることができます。

日焼けに対する予防と対処で、小じわのない肌を目指しましょう。

-小じわに関するコラム

Copyright© ロスミンローヤルの副作用は大丈夫?口コミは本当か販売元を突撃取材 , 2018 All Rights Reserved.