小じわに関するコラム

保湿成分の種類と保持力を3つのタイプ別に解説

投稿日:

保湿成分には、水分をキープする方法がいろいろあり、肌の状態によって使い分けるのが本当の保湿上手。

ここでは、保湿成分を水分の保持の方法や保持力別に3つに分けて解説します。

水分をはさみ込むタイプの保湿成分

このタイプは、水を成分同士がはさみ込んでしっかりとキープする性質があります。

例えば、代表的なの成分は「セラミド」、この成分の水分保持力は一番強いです。

水分保持力 

セラミド

細胞間脂質の約40%を占めています。

水分を強力にはさみ込んでキープする特性があり、注目すべきは、湿度が下がっても水分をキープできるところです。

まさに最強の保湿成分です。

ちなみに、細胞間脂質とは、肌の最も表面に近い角層と呼ばれるところにある角層細胞同志をつなぎとめる役割をしている脂質です。

 

スフィンゴ脂質(スフィンゴリピッド)

セラミド以外の細胞間脂質で、保湿力はセラミドより劣ります。

 

水素添加大豆レシチン

大豆から抽出される成分です。

 

ステアリン酸コレステロール

こちらもセラミド以外の細胞間脂質で、保湿力は同じくセラミドより弱いです。

 

水分を抱え込むタイプの保湿成分

皮膚の表面より少し深いところにある真皮にもともとある成分などがよく使われています。

ですが、これらを肌に使用したからといって、真皮まで吸収されることはなく、皮膚表面に近い角質内の保湿として働きます。

この保湿成分も、湿度が下がっても水分を抱え込んだままキープしてくれるありがたい成分で、ボディケアコスメやハンドクリームなどにもよく配合されています。

水分保持力 

 

ヒアルロン酸

真皮にあるゼリー状の物質で、200~600倍の水分を蓄える力があります。

敏感肌の人にもおすすめです。

 

コラーゲン

こちらも真皮にもともとある成分で、弾力を保つ働きを持っていますが、化粧品として配合されるときは、保湿成分として使用されます。

毛細血管などがある真皮までは吸収されません。

 

エラスチン

こちらも真皮にもともとある成分で、保湿力が強いため、化粧品によく配合されています。

 

ヘパリン類似物質

血液の中にある、ヘパリンという成分に水分を含む力があることから、類似の成分を保湿成分として応用したものです。

医薬品にも使用されています。

 

水分をつかむタイプの保湿成分

水分を吸収、吸着させる力はありますが、冬など乾燥し湿度が低い時には、保湿力が下がります。

水分保持力 

 

天然保湿因子(NMF)

角質細胞内にある水溶性の成分で、アミノ酸や尿素、PCA(ピロリドンカルボン酸)など、約20種類の成分で構成されています。

保湿力は強くないですが、サラッとした使用感が人気で、化粧品によく配合されています。

 

PG(プロピレングリコール)・グリセリン・1.3BG(ブチレングリコール)

多価アルコールで、吸湿性に優れ、化粧品によく使用されています。

保湿力はあまり強くありません。

-小じわに関するコラム

Copyright© ロスミンローヤルはアラフォー女子に効果あり!口コミを検証した結果は… , 2018 All Rights Reserved.