薬用化粧品とは

化粧品と薬用化粧品の違いは?効果が期待できるのはどっち?

投稿日:

化粧品を選んでいると「薬用化粧品」や「医薬部外品」といった表記のものがあります。

やっぱり「薬用」の方が効果があるの?それとも大して変わらない?

どっちを基準にして選んでいいのかよくわかりませんよね。

そこで、化粧品と薬用化粧品ではどんな違いがあるのか解説します。

化粧品は三つに分類される

化粧品として売られている商品には、実は大きく分けて「医薬品・化粧品・医薬部外品」の三つに分類され、それぞれ役割も違います。

医薬品

この医薬品というのは、「治療」を目的とするものです。

化粧品

化粧品とは「人の体への作用が穏やかで、髪や皮膚、詰めの手入れや保護などに用いられる」ものです。

医薬部外品

医薬部外品とは「治療を目的とする医薬品と、人体への作用が緩和な化粧品の中間的なもの」です。

主には「予防」する役割を持っています。

医薬品には負けるけど、それに近い効果が期待できるけど、扱いには注意が必要といった特徴があります。

例えば、「パーマ剤」「毛染め剤」など医薬部外品とされているものです。

 

化粧品と薬用化粧品の違いは?

化粧品については先ほど説明しましたが、では「薬用化粧品」との違いはどうなのか解説します。

薬用化粧品

「薬用化粧品」とは、医薬部外品の中の一つに分類され、医薬部外品として認められた化粧品を「薬用化粧品」と呼びます。

化粧品よりも扱いに注意が必要ですが、医薬品的な予防効果が望めます。

 

化粧品・薬用化粧品の作り手裏話

ここでちょっと作り手の裏側を暴露します。

実は、「化粧品」は、「化粧品製造販売業」の許可を取ってしまえば、届け出を出すだけで製品を翌日から販売することが出来、商品一つ一つに審査などチェックすることはありません。

びっくりですよね。

対する「医薬部外品」は、同じく「化粧品製造販売業」の許可も必要ですが、そのほかに製品それぞれに、承認と審査が必要になります。

成分データの提出や厳しい審査を経て、効能が認められると承認された製品だけが、「薬用化粧品」とうたえます。

つまり、医薬部外品にはある程度の効果が無ければ、審査を通過できず、通販や薬局などに並ばないということです。

 

医薬部外品って安全?審査は厳しいの?

結論から言うと、厚生労働省に有効成分を申請して、審査を通過するまでに何年もかかるケースもあるくらい厳しいです。

Aという成分を〇%入れた結果、どんな働きがあったのかなど、安全性や安定性に関する膨大な量の実験データを提出しなければなりません。

逆に一度審査が通ってしまえば、前例ができるので、次回から同じ成分は通り安くなりますが、メーカーなどが最初に作った場合、そのレシピは非公開ですから、他メーカーは同じものを作ることが出来ません。

また、前例がない成分の許可を取ろうとすると、時間もお金もかかるため、大手メーカーでないと現状「医薬部外品」の申請しません。

 

ぶっちゃけ薬用化粧品は効果があるの?

結論から言うと、医薬品に比べれば効果は薄いですが、普通の化粧品に比べれば「予防効果」は期待できます。

現在では、ニキビ予防や、美肌、抗炎症など数多くの薬用化粧品が出回っています。

薬用化粧品であれば、これまで通常の化粧品ではうたえなかった「美白成分」が、「メラニンの生成を抑え、シミそばかすを予防する有効成分」として認められます。

つまりメーカーにとっては、化粧品では無理だった有効成分をアピールすることができるので、大きなメリットがあります。

 

【まとめ】化粧品よりも薬用化粧品の方がいい?

あなたが求める効果を期待するなら、化粧品よりも、それに応えてくれる有効成分が入った薬用化粧品を選ぶことをおすすめします。

-薬用化粧品とは

Copyright© ロスミンローヤルの副作用は大丈夫?販売元を突撃電話取材した結果 , 2018 All Rights Reserved.