小じわに関するコラム

メラニン・メラノソームとは?肌の仕組みを専門的に解説

更新日:

日差しが強い場所に行って日焼けをしてしまった!

そういえば、なんで太陽を浴びると肌が黒くなるんだろう…

そう思って調べてみると、どうやら「メラニン」というものが肌の色に関わっているみたい。

 

よく耳にする「メラニン」って、一体なに?

説明文も、「メラノソーム」とか医学用語がたくさんあって分かりにくい!

そんな方のために、元美容皮膚科看護師の私が「メラニン・メラノソームとは何か」について、できるだけ分かりやすくご説明しますね。

メラニンってなに?

メラニンとは、髪の毛や肌の色を作り出している色素のこと

髪の毛が黒い、日焼けをすると肌の色が黒くなる、しみができる…これは全て、「メラニン」という色素によるものです。

メラニンには大きく分けて、黒〜茶色を作り出すユーメラニン(黒色メラニン)と、赤〜黄色を作り出すフェオメラニン(肌色メラニン)の2種類あります。

人間にいろんな肌色や髪色が存在するのは、それぞれにこの2つのメラニンのバランスが異なるからです。

どちらのメラニンも、表皮の一番下の基底層にあるメラノサイト(色素細胞)という場所で生成されます。

 

メラニンが集合して、肌を守る

メラニンには、紫外線ダメージを吸収して肌を守る働きがあります。

しかし厳密に言うとメラニン単体では、本来のメラニン生成の目的である「肌を守る」ことはできません。

肌を守るためには、メラノサイト内のメラニンが生成され蓄えられている「メラノソーム」という細胞小器官(細胞を構成しているもの)とともにケラチノサイト(表皮細胞)に移動して、細胞核を守る必要があります。

次は、このメラノソームについてご説明いたします。

 

メラノソームってなに?

メラノソームはメラニンを生成・蓄積する細胞小器官

メラノサイトの指令を受けてメラニンを生成し、その生成されたメラニンを蓄える働きを持つ細胞小器官のことを「メラノソーム」といいます。

メラノソームはメラノサイト内で形成されますが、メラニンが充満して成熟したメラノソームはケラチノサイトに受け渡されます。

 

メラニンの満たされたメラノソームが細胞核を紫外線から守る

メラノソームは成熟度によって4段階に分けられますが、一番成熟したメラノソームがメラノサイトから基底層やその上にある有棘層のケラチノサイトへ移動します。

そしてケラチノサイト内の細胞核の上でバリアを作り、紫外線ダメージを吸収することによって細胞核を守っているのです。

 

メラニンが生成されないとどうなる?

肌細胞がダイレクトに紫外線ダメージを受ける

メラニンが色素の正体なら、メラニンさえなければ肌は白くなってしみもできないのに!と思うかもしれません。

しかしメラニンがなければ人間の肌はダイレクトに紫外線ダメージを受けてしまい、肌がボロボロになってしまいます。

さらには細胞核の中にあるDNAが傷ついて、皮膚ガンなどの重篤な疾患リスクも高まってしまいます。

 

遺伝的にメラニン生成されないアルビノ

「アルビノ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

これは遺伝的・先天的にメラニン生成がなされない個体を指します。

アルビノは肌も髪の毛も真っ白でとても美しいのですが、メラニンがないことで肌細胞がダイレクトに紫外線ダメージを受けるため、生活する上で紫外線に対する注意が必要です。

 

メラニン・メラノソームとは肌を守るために必要なもの

メラニンやメラノソームは肌の細胞を守るために欠かせない大切な役割を持つものです。

メラニンの過剰な生成や停滞によってしみができたりもしますが、もともとは悪さをするためのものではないので、紫外線の影響をコントロールしながら上手に付き合っていけたらいいですね。

-小じわに関するコラム

Copyright© ロスミンローヤルの副作用は大丈夫?販売元を突撃電話取材した結果 , 2018 All Rights Reserved.