小じわに関するコラム

「食べる」よりも「寝る」ほうが肌をよみがえらせる力がある

更新日:

肌を体の内側からケアというと、食べ物を想像する人は結構いると思います。

ですが、実は「食べる」よりも「寝る」ほうが肌の修復に効果的なのを知っていましたか?

人間は日中おきて活動しているときは、血液のほとんどが脳に集中するため、肌には栄養がいきわたりません。

逆に、寝ている間に血液が体の各場所に流れ、栄養がいきわたるのです。

美肌作りのためには、どのくらい、どの時間帯に寝るのが効果的なのか、今日から実践できるようわかりやすく、かつ詳しく解説していきます。

肌の修復には最低でも6時間睡眠が必要

人は、眠り始めてから約3時間の間に、成長ホルモンの分泌が盛んにおこなわれるといわれています。

成長ホルモンは、肌の細胞分裂の原動力です。

では、日中、紫外線やストレスなどで傷んだ肌の修復にはどのくらいの時間が必要なのでしょうか?

肌や内臓などの修復には、最低でも6時間はかかるといわれています。

ですから、睡眠時間が6時間未満だと、どうしても肌荒れを起こしてしまったり、不調が起こりやすくなるのです。

 

美肌作りにはある程度の睡眠時間が必須です。

肌作りのゴールデンタイムは午後10時~深夜2時の間

肌のことを考えると、もともと人間に備わった体内時計(サーカディアンリズム)を考えると、

午後10時~深夜2時の間は寝ているのがベストです。

睡眠直後3時間は、成長ホルモンの分泌が盛んにおこなわれるため、肌が最も活発に生まれ変わります。

ですが、忙しい現代社会でそれを実践するのは、なかなか難しいですよね。

 

そこで対処法ですが、

大体、午前0時から0時30分までの間に寝るようにすれば、ある程度ゴールデンタイムをカバーすることが出来ます。

また、これも重要なのですが、寝る時間をなるべく一定にすることも大切です。

毎日寝る時間が変わると、体内時計を乱すので、成長ホルモンの分泌に悪い影響を及ぼします。

まとめると、毎日遅くとも午前0時~午前0時30分の同じ時間に、なるべく眠るようにすると、肌の状態もよくなります。

よく週末に「寝だめ」するという言葉を聞きますが、これでは肌は美しくなりません。

 

質の良い睡眠には寝る環境を整えることが大切

ここまでで、就寝直後3時間の間に、肌の細胞を入れ替える成長ホルモンが分泌されるということが分かっていただけたと思います。

そして、もう一つ忘れてはいけないのが、深くて質の良い睡眠です。

どんなにゴールデンタイムに寝られたとしても、質が悪ければ、成長ホルモンの分泌を妨げる原因となってしまいます。

 

質の良い睡眠をとるためには

質の良い睡眠をとるためには、寝る直前までパソコンや携帯電話を見ているのをやめましょう。

電子機器から発する光を寝る直前まで浴びていると、脳が活発に動いたままの状態で寝ることになるので、深い睡眠が難しくなります。

ですから、寝る1時間前くらいから、スマホやパソコンを見るのをやめ、寝室の照明を暗めにしてみましょう。

そうすることで、「メラトニン」というホルモンが分泌され、睡眠への準備が始まり、より深い睡眠をとることが可能となります。

 

朝さわやかに目覚める為には睡眠のサイクルを調整する

さわやかな朝を迎えるためには、眠りのサイクルを調整することで可能となります。

睡眠は、

眠りの深い「ノンレム睡眠」

眠りの浅い「レム睡眠」

が1時間半の中で交互に訪れています。

寝始めにやってくるのが眠りの深い「ノンレム睡眠」で、目覚めの準備に入りやすいのは、眠りが浅い「レム睡眠」です。

1時間半ごとに寝りが浅くなる「レム睡眠」が来るので、6時間、7時間半、というように、1時間半の倍数で睡眠のサイクルを設定すると、目覚めやすいサイクルとなります。

6時間や9時間など3時間ごとのどこかで起きるのが理想ですね。

目覚めたら次の眠りのサイクルに入らないための対策

まず、目が覚めたら、次の眠りのサイクルに入らないよう体を起こしましょう。

例えば、部屋を明るくしたり、水を1杯飲むのも、すっきりした寝覚めに効果的です。

 

美肌力をアップする快眠7ポイント

では、美肌を保つ為の「肌力」をアップするために、日常生活ですぐに実践出来ることをまとめました。

難しい本を読む

文字ばかりの難しい本を読むと眠くなることってありませんか?

実は、人間の脳は難しい物事に直面すると、脳を休ませようとします。

これを逆手に取った方法が、寝る前に難しい内容の本を読む方法です。

冗談みたいな本当の快眠のコツなので、すぐ実践できます。

ただ、1点注意がありまして、夢中で読んでしまうような本は、逆に頭がさえてしまうのでNGです。

アロマオイルを活用してみる

人間は、視覚の次に嗅覚や聴覚があります。

そこで、アロマオイルを焚いて、香りでリラックスを感じるのも一つの手です。

眠りを促すアロマ

カモミール、ラベンダー、マンダリンなどのオイルが眠気を促すことがわかっています。

 

午後8時以降はカフェインを控える

コーヒーや紅茶、緑茶には、脳を刺激し覚醒させる「カフェイン」が含まれています。

寝る前にこれらをとると脳が活性化してしまい、睡眠の妨げになります。

寝る前に飲むなら、「ホットミルク」や眠気を誘うハーブ「カモミールのハーブティー」がおすすめです。

 

ストレッチやヨガなど軽い運動をする

寝る前に、息が上がらない程度の軽い運動で体温を少し上げ、下がりだした頃にベッドに入れば、眠りに入りやすくなります。

ただし、激しい運動は逆効果です。

 

就寝1時間前から照明を暗くする

目から入る光の量が減ると、眠りを促すメラトニンという物質の分泌量が増えます。

寝る前には、部屋を暗めにしておきましょう。

 

きつい下着やインナーは避ける

きついインナーや下着は、血行を悪くし、睡眠を妨げる原因となります。

靴下も脱ぐようにした方がいいです。

よく足が冷えるということで靴下をはいている場合がありますが、人間は夜中に多くの汗をかくため、逆にその水分を靴下が含み、結果冷えにつながりますので、脱いだ方が良いです。

 

枕の高さは7センチ前後に

仰向けになったときに、立っているときと同じ首の角度になるのが、良い枕の条件です。

首の後ろから布団までの高さが7センチ、後頭部から布団までの高さが5センチのものがベストです。

 

-小じわに関するコラム

Copyright© ロスミンローヤルの副作用は大丈夫?販売元を突撃電話取材した結果 , 2018 All Rights Reserved.